介護・医療関係者のみなさまへ

慢性期や維持期の患者様が在宅生活を続けていくためには、痛みの緩和や残っている機能の維持・改善、あるい は精神面のサポートが大切です。 訪問医療マッサージを行うにあたり、医師をはじめ、看護師やOT、PT、ケアマネジャー、ヘルパーの皆様に ご理解いただき、関係機関と積極的に連携をとりながら、当院ではチーム医療の一員として貢献できるよう取り組んでまいります。

コロナ渦で外出が難しい中、巣篭り生活が長引いてしまい心身機能の低下が懸念されます。そのため、コロナウイルスの感染リスクと機能低下を天秤にかけなくてはならないような状況もあるのではないかと推測しています。

現在、近隣地域の介護施設の7、8割は感染予防のため入館が制限されていますし、デイケアやデイサービスが休業したというお話もよく耳にします。その為、訪問リハビリの需要が増えたものの、 PTが不足しているということで、私どものところに相談をいただくこともあったりします。これも今まで築き上げてきた地域連携が一つの形になったと嬉しく感じています。

デイサービスに通われている患者様も多くいますが、やはり皆様利用に関して不安に思っているようです。コロナウイルスの感染拡大が下火になるまでは在宅のほうが安心するという気持ちはあると思います。

私たちとしましては患者様、ご家族様に少しでも安心して訪問施術を受けていただけるように、感染対策を徹底しております

サービス内容や詳しいご利用方法については、お気軽にお問い合わせください。


  ※ 一緒によく読まれている記事はこちらです。
訪問リハビリ・マッサージとは
新型コロナウイルス対策
よくある質問・Q&A集
お問い合わせ・ご相談・無料体験の申し込み