寝たきりへの悪循環を避けるために・・・

防げることなら、なんとかして、防ぎたい・・・

しかし・・・ 自宅で「痛い、めんどくさい・・・」と言って そのまま何もしないで放っておくと、
「寝たきり」になってしまう可能性が高くなります。

痛みや関節の硬さがあるけど、

マッサージやリハビリが行えない。

  ↓

あまり動かなくなる。動かせなくなる。

  ↓

動かないから筋力が衰え、意欲まで低下する。

  ↓

そして…  寝たきりに

でも本当は、こうなる前に、寝たきりになることを防ぐことができたのではないでしょうか?

寝たきりは、「しない! させない! 作らない! 」

常日頃から健康管理に留意して、病気になってもリハビリや介護によって寝たきりを防ぐことができるのです。 寝たきりを発生させないことを目標に寝たきり老人ゼロ作戦が展開されています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。