よくある質問・Q&A集

文面では解りにくい事もございますので、お気軽に0120-987-256までごお問合せください。ご納得いただけるよう専門の相談員がゆっくりご説明いたします。

A:健康保険証・受給者証・印鑑をご用意下さい。

もちろん、お申込の段階では一切料金はかかりません。

健康保険適用の手続きに必要な書類

① 健康保険証 コピー (表面、裏面)
② 障害者手帳 コピー (写真添付ページ、有効期限ページ)
③ 障害者医療費受給者証 コピー (表面)
④ ご印鑑       (認め印)
⑤ 同意書        ※用紙は当院にてご用意いたします。
⑥ 療養費申請用の委任状 償還払い → 受領委任払い ※用紙は当院にてご用意いたします。

また、緊急時の連絡先として、主治医や担当ケアマネージャ様、ご家族が別居の場合はご家族様の連絡先をお尋ねする場合があります。

A:自己負担分の料金は、翌月月初(月一度)にひと月分をまとめてお支払ください。

当月分の施術料の自己負担額をまとめて当院で請求書を作成し、翌月月初にお支払いただきます。

※1回だけの治療の場合は、往診した際にお支払いいただく場合もございます。

A:福祉医療を受けている方は、お住まいの市町村によって定められる負担分のみとなります。

福祉医療の受給者証(老人医療受給者証、障害者医療受給者証、高齢障害者医療費受給者証など)に記載されている負担額のみお支払いただくだけで受診可能です。

※市町村によっては、一度、健康保険負担割合分を当院にお支払いただき、福祉医療との差額を当院の発行する領収証をもって市町村に返還請求しなければならない場合があります。

A:お住まいの市町村で手続きをすることで、他の診療と同じように自己負担はありません。

生活保護を受けている方は、担当のケースワーカーにご相談いただき、所定の審査を受けていただく必要がありますが、市町村から給付要否意見書(あん摩・マッサージ、はり・きゅう)をもらうことで、全額、公費でまかなわれます。

A:いいえ。1回あたりの料金の中に往診料も含まれます。交通費などを別途ご請求することはありません。

A:医師の同意書により健康保険が適用されますので、自己負担はごくわずかです。

患者様の体の状態と往療費、加入されている健康保険の負担割合によって自己負担金は異なりますが、後期高齢保険(1割負担)の場合、1回の治療費はおおむね200~700円程度になります。

  • 身体障害者手帳1~3級をお持ちの方は、お住まいの市町村によって他の医療機関のように医療助成が受けられる場合があります。
  • 生活保護受給者は、福祉事務所の審査によって、負担金なしで受診できる場合があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

A:「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格をもった施術者のみが治療に当たります。

当院では、高齢・障がい・難病の施術経験にたけた施術者のみで運営しており、患者様の心身の状態に寄り添う姿勢で施術を行っています。

A:年齢は関係なく、あん摩・マッサージや機能訓練などのリハビリが有効であると医師から同意がもらえれば、健康保険を使った訪問リハビリマッサージを利用できます。

A:いいえ。訪問リハビリマッサージは一律にその診断名によることなく、麻痺・関節の拘縮等があり、 医師からマッサージを必要とすると認められた場合は保険適用となります。

適応症状はあっても病名には規定はありませんので、訪問リハビリマッサージを検討される場合は、一度主治医に相談してみてください。また同意書交付についての質問や相談も当スタッフにお気軽にご相談ください。

A:脳梗塞の後遺症の方が一番多いです。

パーキンソン病、ALS、ガンによる疼痛がある方、高齢や後遺症で関節が固まってきたり、痛みや筋肉が萎縮している方、廃用症候群と呼ばれる筋力低下や寝たきりの方などが利用されています。

なお、訪問リハビリマッサージは病名にとらわれることなく、「関節の動きが悪い」、「身体に麻痺・しびれがある」、「筋力が低下している」といった症状でお困りの方であれば受診していただけます。

A:施術する局所(部位)数によりますが、概ね20分~30分程度です。

一度に長い時間行って身体に過度の負担をかけるより、適度なリハビリマッサージ治療をこまめに受けていただく方が効果的なためです。

A:訪問リハビリマッサージには診療期間や受診回数の制限はありません。

整形外科やリハビリテーションセンターでよく耳にされるような、期間(6ヶ月など)や1ヶ月あたりの回数に制限はありません。
患者様の症状・体調にあわせ、週に2回~4回訪問し、症状の改善やお一人おひとりの目標に向けて継続的に施術させていただくことが多いです。

A:お体の状態やご都合により、どうしてもご本人様やご家族様での手配が難しい場合には、当スタッフにお気軽にご相談ください。

当院でご用意いたします委任状をいただくことで、私どもで同意書の発行依頼や同意書の受取を代行させていただける場合があります。

A:主治医の同意をいただければ、当日に発行していただけることが多いです。

まず主治医に相談して、問題がある場合は、当スタッフまでお気軽にご相談ください。

A:同意書とは、医師が、治療の一環としてリハビリマッサージが有効であると判断し、施術に対して同意し、その確認をする書類のことです。

同意書を発行してもらうことで、医療保険と使ってマッサージ治療が受けられます。用紙やお医者様に記入していただく際のサンプルなど当院で用意致しますのでご安心ください。

A:訪問リハビリマッサージは病院の治療と併用できます。

ただし、鍼、灸の場合、同じ病名で保険適用にはなりませんのでご注意ください。
例えば、腰痛で整形外科に通院している方は、腰痛を理由としては鍼灸の保険適用はできません。

A:はい、大丈夫です!当サービスは健康保険を使います。

私どもが提供します訪問リハビリ・マッサージは介護保険外のサービスですので、介護給付に伴う支給限度額や給付管理を気に せずご利用することができます。(介護保険の通所リハビリや訪問リハビリ、訪問看護との併用もできます)

A:ご自宅にて健康保険を使い、症状にあわせたマッサージやリハビリ治療を受けられます。

詳しくはこちらをご覧ください。