訪問リハビリ・マッサージとは

「関節の動きが悪い」、「身体に麻痺・しびれがある」、「筋力が低下している」といった症状で、寝たきりや日常生活にご不自由があるなど、お医者様から在宅でのリハビリやマッサージが有効とされた方を対象に、国家資格を持つあん摩マッサージ指圧師がご自宅や入居施設に定期的に伺い、お身体の状態や症状に合わせたリハビリ・マッサージを行い身体機能の維持・改善を促します。

  • 国家資格を持ったあん摩マッサージ指圧師が在宅療養を必要とする方々のご自宅や入居施設のを訪問して、ご利用の方ひとり一人に合わせたマッサージ治療を行います。施術を行うのは国家資格保有者ですのでご安心ください。
  •  

  • 疲労回復、あるいは慰安的なマッサージではなく、医療リハビリ・マッサージです。
  •  

  • 症状、状態に応じて訪問回数を決めていきます。(概ね週に2回~4回の訪問
  •  

  • 1回の施術時間は20~30分程度です。
  •  

  • 揉み返しなど体に負担をかけないやさしいマッサージなので安心です。
  •  

  • 介護保険ではなく医療保険(健康保険)を使ったサービスですので、介護保険の限度額を気にせずにご利用 いただけます。また、これまでかかっておられたお医者様の診療や介護保険の訪問・通所リハビリとの併用も可能です。
  •  

筋肉が弱っていたり、関節が固まっていたりして「お一人で歩いて病院に通いにくくなってきた方」や「どなたかの介助や車椅子、歩行器などが無いと通院できない方」が対象となります。寝たきりの方も同様です。

また、費用は医療保険(健康保険)が使えるので、ご自身の負担はごくわずかで継続しやすく、今までは費用が心配でリハビリやマッサージを継続できなかった方々に大変喜ばれているサービスです。

一般的な目安として要介護1~5の方や身体障害者手帳をお持ちの方などとなりますが、症状によってご利用いただける可能性がありますので、一度ご相談ください。

※介護保険は一切使いません。
現在利用されている介護サービスやお医者様での診療、通所・訪問リハビリと併用できます。

保険を使ったマッサージは、どのようなご病気でもかまいません。麻痺・関節拘縮・疼痛・筋力低下といった症状があり、お一人では外出が困難な方でお医者様の同意が得られればならどなたでも受けられます。

麻痺や固まってしまった関節の緩解にむけて、まずはマッサージによって血行を促すことで酸素と栄養を送り込んでいきます。筋肉や腱など体の組織がほぐれてきたところで運動療法や可動域訓練などを徐々に取り入れ、可動域の拡大と筋力増強を促し症状の改善・維持を図ります。

今、このホームページをご覧になっていらっしゃるのは、普通の肩こり等とは違うもっと大きなご病気や難病、後遺症を抱えていらっしゃる方、またはそのご家族・ご身内の方ではないでしょうか。

実はこのお仕事をさせていただくきっかけになったのは、私自身の家族が脳梗塞をわずらい、その後遺症で片麻痺が残ってしまい、リハビリを受けたくてもリハビリ病院に通えない。そんな姿をを目の当たりにしてきたからです。

自宅でのリハビリが必要な方に、訪問マッサージやリハビリはまだまだ浸透していません。
世の中に浸透し利用されるようになるまで時間が掛かるかもしれませんが、患者様に知ってる限りの情報をお伝えしていくのも、私達の使命であると考えています。

 

※ 一緒によく読まれている記事はこちらです。