体験談やご感想

施術事例05_パーキンソン症今回のケースは、パーキンソン症による、寝たきりとなり、日常生活にほぼ全介助を要する状態となったケースです。
訪問開始時は、自力では生活できない虚しさや主介護者である夫までがパーキンソン病を患っており、今後の生活の不安から悲観的発言も多くみられ、リハビリ等に取り組む意欲も全くみられない状態でした。

【治療内容】
一日をベット上にて過ごすことが多く、自力での体位変換動作も困難な為、背腰部、左右下肢の疼痛と下腿から足関節周囲に腫脹もみられました。介護保険の訪問看護、訪問リハビリとの連携をとらさせていただき、リハビリの円滑な実施と関節拘縮進行防止の為、マッサージやストレッチ、関節可動域訓練を行い、筋緊張及び疼痛の緩和、関節拘縮の進行防止を図る施術を実施。また、ご本人様の意欲向上の為、コミュニケーションには、傾聴を心掛けて細心の注意を払い施術に組みました。

【家族から】
悲観的な事ばかりいっていた私を、先生は いつも明るい笑顔で接してくださいました。いつしかこのままではいけないと思い、元の体に少しでも戻れるように、リハビリに取り組んでいます。おかげ様で今では、歩行器を使い、自力で家のトイレに行くことができるまでになりました。

【担当施術者から】
施術内容はもちろんですが、ご本人様の意欲向上に重点を置き、今でも、コミュニケーションを大切にしております。主治医様はもちろんのこと、看護師様、理学療法士様との連携は不可欠で、ヘルパー様からも詳細をお聞きし、最善のプログラムを考案し、今後とも自立動作量の拡大に努めて参ります。

施術事例05_パーキンソン症

施術事例04_脊柱管狭窄症今回のケースは、脊柱管狭窄症からくる下肢の痺れ、膝関節痛が原因で、ほとんど外出が出来ず、気持ちが沈みぎみになった方のリハビリ・マッサージについて取り上げました。痛みからくるストレスや筋力低下から浮腫の出現し、そこからくる不安を私たちあいの手では一つ一つ解決し、機能向上と歩行の安定を目指し、自立支援に向けたサポートをさせていただいております。

【治療内容】
全身に筋緊張が見られ、また腰部脊柱管狭窄症と両膝痛からのしびれ・痛みがあるので、この緩和を図る為、本人に確認し加減しながらマッサージを行う。ドクターからもストレスからくる筋緊張がもととなり、痛みを伴っているとの事だったので、マッサージとともに、楽しめるような会話を努めて行い、心のリハビリもお手伝いできるよう施術を行っています。日々、ご本人・ご家族が、希望を持ち続けてくれるよう、今後も取り組んでいきます。

【家族から】
同居していないため、本人の病状は常に気がかりでありました。施術を開始していただいてから、電話での声も変わった感じがします。また毎月、家族宛に報告書を郵送してくださるので、その面からも安心感があります。今後も様子を伝えていただいたり、健康面のサポートをお願いしたいと考えています。

【担当施術者から】
諸所の症状により心身ともに大きなストレスを受けたようです。ストレスが関与する痛みは厄介なものではありますが、少しずつでも痛みが変わってきたように思います。今後も、毎回の施術や会話の中で、体調のみならず、心の負担も軽くできるように、心がけ治療をしていきます。

施術事例04_脊柱管狭窄症

施術事例03_脳出血後遺症今回のケースは、脳出血後遺症により、左片麻痺となり車椅子での生活になられたケースです。
Mさんが施術を開始した当初は、身体機能だけでなく、精神的なストレスからメンタルケアが必要な状態でした。ほとんど口が利けず、リハビリに対する意欲が極端に少ないといった状態で、改善にはかかりの時間がかかると想像されました。

【治療内容】
麻痺側の痛みや痺れがあるため、圧迫法を中心としたマッサージを行い、症状の軽減を図っています。そして、足の浮腫があるので、リンパドレナージュを行い改善に努めています。リハビリは、ストレッチを行い、筋肉の柔軟性を高め、それを数回繰り返すことで、関節周りの筋肉を効果的に伸ばしていきます。左上下肢の関節可動域訓練を行い、右側の運動をボールやタオルを使って行っています。手軽にできる運動で、楽しさを覚えていただき、普段の生活の中でリハビリを習慣化することが大切と考えます。また、コミュニケーションを図り精神的ケアに努めてまいります。

【家族から】
いつも母のマッサージとリハビリをありがとうございます。母も私たち家族もあいのてさんの施術を心待ちにしております。施術を受けるようになり、母の表情がガラリと変わりました。リハビリにも力を注がれておりますし、お話を沢山してくださることに感謝しております。

【担当施術者から】
Mさんとは、いつも昔の話であっという間に感じるくらい充実した施術となっております。リハビリも積極的に取り組んでおります。左片麻痺で痺れや痛みがあり、日によって体調の変化はありますが、その日の状態に合わせた施術に努めています。

施術事例03_脳出血後遺症

施術事例01_脳梗塞後遺症
今回のケースは、脳梗塞後遺症により、寝たきりとなり、全身に運動機能障害が見られたケースです。
リハビリ・マッサージを始めた当初は、寝返りも打つことができませんでした。しかし、身近にあるタオルやボールなどを使い行ったところ、寝返りが打てるようになりヘルパーさんもびっくり。今では家族と一緒に運動をされているそうで、機能向上が期待されます。

【治療内容】
マッサージ:全身の関節拘縮が進行しているため、関節周囲の筋に対しマッサージを行い、筋緊張を緩和。また、膝関節症からくる関節痛の改善のため、軽めの指圧を行っております。
リハビリ:ボール、タオル、ぬいぐるみなど身の回りにあるものを利用し、肩、肘、手、股、膝、足それぞれの関節可動域訓練を行っております。手軽にできる運動を提案することで、本人だけではなく、家族も一緒に参加できるため、やる気を引き出す効果的なリハビリとなり、毎日続けることができます。

【家族から】
いつも明るい笑顔で、号令を掛けながら楽しく運動を教えてくれる先生のお姿に、元気の無かった母が見違えるようになりました。いつの間にか声を出し、積極的に運動をするようになったのです。先生が来ない日でも、ボールを握り声を出しながら運動をしていることもあり、本当に感謝しております。

【担当施術者から】
施術開始時点では、ご自身で寝返りも打てない状態で、精神的にも落ち込みが強い状態でしたが、施術を進める中で少しずつではありますが自分で体が動かせるようになってこられ、やる気も出てきたように思います。身体的なケアだけでなく、メンタル面もサポートしていきたいと思います。

施術事例01_脳梗塞後遺症

施術事例02_重い心臓病今回のケースは、東日本大震災に遭遇し、避難。馴れない地域での生活が始まりました。そんな折、持病の心臓病が悪化。時々発作を起こすようになりました。発作が心配で運動もしなくなり、体力や筋力も低下、外に出ることも少なくなり、地元では普通に出来たことも、思うように体が動かず、歩行が出来なくなり、日常生活動作にも支障をきたすようになりました。

【治療内容】
自分一人で入浴をすることも外に出掛けることもできず、一日を部屋で過ごすという生活を送っていました。そのため筋力の低下、肩関節周囲炎による痛みも併発し、腕も自由に動かせない。それに加えて心臓の発作にも注意を払う必要があり、介護保険の訪問リハビリと当方で連携を取りながら、週に二回ずつ、起立訓練や歩行訓練、全身の筋バランス向上のためリハビリと筋肉の柔軟性を高めるマッサージを開始。意欲を引き出すなどコミュニケーションにも取り組みました。

【本人から】
ふらつきながらも、少しづつ歩く力がついてきています。毎朝外に出て自宅の周りを歩行器を使用しながら散歩をすることが日課となりました。生きているうちにいずれ故郷に戻りたいと希望を持っています。そして、息子にこれ以上迷惑を掛けないように、リハビリ頑張っていきます。

【担当施術者から】
新しく始まる施設での生活ですが、理学療法士によるリハビリと当方での施術を併用し、歩行距離を伸ばす機能向上に努めてまいります。夫が亡くなり、自分も心臓発作などで息子には心労を与えてしまったから、今度は楽をさせてあげたいという気持ちに精一杯お応えしたいと思います。

 

施術事例02_重い心臓病